近年、日本の観光客の増加はすごいですが、タイを訪れる観光客の数も、2001年の年間約1000万人から2018年の3800万人を超えるまでに増加しています。

毎年、多くの人々は島のビーチを求めてタイを訪れますが、1,000以上の島があるため、どこの島にいけばよいのか選ぶのはとても難しいです。

そこで、人気の島を6つ紹介します。


プーケット
Patong-Beach-プーケット
言わずと知れたこの島は、日本人が多くが知っているタイの島です。

バンコクから飛行機で1時間の、この大きな島には美しいビーチ、ナイトクラブ、6つ星リゾート、有名なシェフがいるレストランもたくさんあります。 観光客は、ジェームズ・ボンドの映画007 黄金銃を持つ男に出てきたピンカン島のような、より小さな近隣の島々にボートで行くことができます。

サムイ島
サムイ島
サムイ島は、透き通った水、白い砂浜、美しいリゾートです。 この島ではいつくかの大きなフェスティバルやスポーツイベントがあり、ヨガでも有名です。 タイランド湾にあり、バンコクから飛行機で南に1時間ほどです。

パンガン島
banngaro-pa-ティ
サムイ島のすぐ北にあるこの島は、フルムーンパーティーで有名で、ハードリンビーチにて3万人を超える人々が飲んだり、ダンスをしたりします。 パーティーを避けたい人々にはボトルビーチのような、より静かなエリアもあります。

タオ島
tao
もう少し北にあるタオ島は、スキューバダイビングを習うのに最適な場所として知られています。 釣り、ハイキング、ロッククライミングにも適しています。

ピピ島
マヤベイ
プーケットの東にある、この美しい群島は映画ザ・ビーチに登場したマヤベイで有名です。 ダイビング、シュノーケリング、クリフジャンプのために多くの若者が訪れます。
sponsor linked