フィンランド
国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が世界幸福度報告2019」を発表しました。それにより、2年連続でフィンランドは世界一幸福な国に選ばれました。

世界幸福度報告とは

同報告は156か国をそれぞれの市民がどれほど幸福かによってランクづけをしています。 経済的豊かさ、平均寿命、自由、政府の腐敗の度合いなど様々な指標を用いています。

初回の報告書は、2012年4月に出版され、それ以降は毎年発行されるようになりました。

上位は北欧が独占

デンマーク、ノルウェー、アイスランドが次に続き、他の北欧諸国は今年再び良いデータを挙げたことを指標は示しています。 残る上位10の国々は、オランダ、スイス、スウェーデン、ニュージーランド、カナダ、オーストリアでした。

幸福は経済にだけに依存しない

全般に世界経済が拡大しているという事実にも関わらず、幸福度が世界中で減少したことを報告は示しています。 研究者らは幸福は経済的側面だけに依存していないことを明らかにしていると説明しています。

一例として、米国は経済成長にも関わらず、18位から19位にランクを下げました。

「アメリカ人は現在、かつてないほど幸福であるべきだ」とサンディエゴ州立大学のジーン・M・トウェンジ教授は言いました。 彼女は幸福度が米国で下がった理由の1つとして、おそらくアメリカ人がより多くの時間を電子機器やソーシャルメディアに費やしているからだと言っています。

下位は、アフリカ諸国と紛争国

リストの最下位10か国中6か国がアフリカの国々だ。 南スーダンは幸福な国で最下位となり、それに中央アフリカ共和国とアフガニスタンが続いています。
sponsor linked