中国SCS
2018年、中国の "社会信用システム"(SCS)により、550万人もの人々が飛行機や電車のチケットの購入ができなくなりました。そのほか128人が税金の滞納のために出国することができなくなりました。

中国政府によると、SCSは人々が信頼できる人間であることを奨励していると言っています。社会信用得点は、期限内に請求金額を支払っているか、フェイクニュースを流していないか、または電車の中で喫煙していなかなどによって影響を受けるます。

社会信用得点が高い人は、無料の医者の往診光熱費の割引などの特典を受けることができます。得点が低い人は、ローンを拒否されたり、政府の仕事を禁止されたりすることによってペナルティを受ける可能性があります。北京では、非常に低いスコアの人の顔写真やID番号が大きな電子掲示板に表示されます。

企業も評価の対象となり、ローンや政府の契約に影響を与える可能性もあります。このシステムは現在、中国の一部の地域でのみ適用されていますが、2020年には全国で適用される予定です。

米国のマイク・ペンス副大統領のように、中国の人々の生活を統制するために政府がSCSを使用するのではないかと心配する人もいます。しかし、意外にも中国人の中には、このシステムが詐欺や公衆衛生などの中国で深刻化している問題を解決するのに役立つことを願っている人たちもいます

北京のある弁護士は、このシステムのため、列車の切符を買うことができなかった一人ですが 「社会にとって良いことだ」と彼は言い、このシステムを支持しています。

sponsor linked