インドネシア地下鉄
東南アジアで最大級の都市の1つの渋滞を緩和すべく、インドネシア初の地下鉄が首都ジャカルタに開通しました。

3月24日、ジャカルタ中心街から南へ16キロメートルの鉄道が開通した数分後、ジョコ・ウィドド大統領は第2期工事の建設開始を発表しました。北へ8キロメートル延伸する鉄道で、2024年に完成予定。

乗客は3月末まで、この新たに開通した鉄道に無料で乗車することができました。 それ以降、乗車券は70セントから1ドルの間で販売されます。

全国で行われている数々のインフラ整備の中でも最新となるジャカルタ初のこの地下鉄の目的は、他の東南アジア各国の首都であるクアラルンプール、シンガポール、バンコクなどの公共交通機関と肩を並べることができるようになることです。

より多くの人が自動車を購入するにつれ、ジャカルタの渋滞は過去10年間で悪化してきました。 運輸省によれば、同市のラッシュアワー時の平均走行速度は毎時10キロまで減少しました。 市内の幾つかの場所へ5キロメートルの距離を移動するのに2時間以上かかることもしばしばありました。

ジャカルタの公式な人口は約1,000万人だ。 平日にはおよそ140万人もの人々がジャカルタの中心街へ通勤しています。 しかしながら、新たに開通した鉄道が目標として設定しているのは、今年度末までに1日わずか13万人のみが利用者と見込まれることから、新しい公共交通機関が渋滞を緩和するには数年かかるそうです。

  
sponsor linked