オーランド
米国で最も観光客が多い都市はどこだかご存知でしょうか。
ニューヨーク?、サンフランシスコ?、ロサンゼルス?

いえいえ、いずれも違います。それはオーランドです。
フロリダ州中央部に位置する都市オーランドは、米国で最も観光客が多い都市です。
政府の観光部門の統計によれば、昨年、この都市を7,500万人が訪れました。

どうしてこの都市に観光客が多いのか?
その理由は、オーランドには、テーマパークが10箇所以上あります。ディズニーワールド、ユニバーサル・オーランド、シーワールド等々。 

オーランドは数年かけて行われる予定の、テーマパークやホテル施設拡張計画の真っただ中にあります。 市内にはすでに12万室以上のホテルがあり、ラスベガスに次いで国内で2番目の多さです。

加えて、同地区のテーマパークのアトラクションも凄まじいスピードでオープンしています。

2017年には、ユニバーサル・オーランドで、ウォーターパークであるボルケーノ・ベイがオープン。また、ディズニーワールドのアニマル・キングダムでは、パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバターがオープンしました。

昨年は、ディズニーワールドでは、トイ・ストーリーランドがオープンし、シーワールドでは、セサミストリート・ランドがオープンしました。

ディズニーワールドはさらにスターウォーズのエリアを今年8月にオープンする予定です。一方、ユニバーサル・オーランドでは、ハリーポッターをテーマとする新アトラクションを今年の夏に加える計画です。

しばらく、オーランドは、全米1位の座は譲らないようです。
sponsor linked