こんばんわ! ゆーさんです。

今回は、マレーシアにあるクアラルンプール国際空港(KLIA2)のプライオリティパスラウンジ「プラザ・プレミアム ラウンジ(Plaza Premium Lounge)」の紹介です。

クアラルンプール国際空港には、プライオリティパスで利用できるラウンジは合計5か所あって、「KLIA」のサテライトターミナルAに1ヶ所、LCC専用のターミナル「KLIA2」に4ヶ所の配置となっています。(つい最近1つ新しくできました)

全てのラウンジは「プラザ・プレミアム ラウンジ(Plaza Premium Lounge)」です。

プライオリティパスのサイトでは、同名で紹介されていますが、プラザ・プレミアム・ラウンジのサイトでは、それぞれ別の名前がついているようです。

①Next to Aerotel Kuala Lumpur, gateway@klia2
②Opposite Aerotel Kuala Lumpur, gateway@klia2
③Wellness (klia2)
④International Departure

①と②は非制限区域にあり、到着時でも利用できます。

これら以外にもKLIA2には、プラザ・プレミアム・ラウンジ関連の施設が2つあるようで、そちらはプライオリティパスが使えないようですので、ご注意ください。

今回は、4つのうち、今回の旅行で立ち寄れなかったInternational Departure以外の3つのラウンジをご紹介します。

IMG_20180523_040955
ラウンジは、通常はイミグレーションを通過した後の搭乗口近くにあることが多いんですが、プラザ・プレミアム・ラウンジは、チェックイン前や到着後でも利用できるラウンジを運営しており、香港などでも、非制限区域にラウンジがあります。

利用する側からすると、凄く便利でありがたいです。

IMG_20180523_040456
場所は到着口(Level2ー2階のこと)を出て、左手サイドの通路を鉄道・バスターミナルの方向に向かって進んでください。

map_L2
しばらくすると、H&Mの店舗があり、そのむかえをエスカレーター(L2-113と書いてあるそば。正確には、上に上がっていくムービング・ウオーク)があるので、それに乗って、Level M2に上がってください。

あがったすぐそばに、入口があります。アエロテルというトランジット・ホテルの並びにあります。
入口を入ると、受付カウンターがあります。アルバイトらしきお兄さんが受付をしていました。そのせいか、到着後に利用しましたが、搭乗券のチェックはありませんでした。(プライオリティパスの提示のみ)

ラウンジの中から、Level2を見た様子。ここに写っているのでが、前述したムービング・ウォークです。お向かえには、バーガーキングがあります。

IMG_20180523_040816
KLIA EXPRESSの駅もすぐそばです。

IMG_20180523_041502
中はこんな感じです。少々薄暗くしてあり、おちついた雰囲気です。

IMG_20180523_041533
暖かい食べ物が並んでいます。
シェフがオムレツを焼いてくれます。チーズ、ハム、トマトなどの具をチョイスできます。

IMG_20180523_042314
もちろん、WIFIも利用できます。

IMG_20180523_042324
こちらには、サラダバーとパン、デザートが並んでます。
海外旅行をすると、どうしても野菜不足になるので、ありがたいです。

IMG_20180523_042609
アルコールは、カウンターで注文します。ビールのみ無料です。ウイスキー、ワイン、カクテルなどアルコールのメニュは豊富ですが、ビール以外は別途料金がかかります。

IMG_20180523_050839
コンセントは、席ごとにあり、助かります。このラウンジ以外のところはコンセントが少ないところもあるのでご注意ください。

コンセントは、すべての形状に対応しており、変換プラグは不要です。日本のものが直接差し込めます。これもありがたいです。

ここは、4つある中で飲食が一番充実していると思います。コンセントも多数あるので、充電したい方もこちらを利用されるのがオススメです。ただし、シャワー室はありません。

Next to Aerotel Kuala Lumpur, gateway@klia2
営業時間:毎日24時間。
所  在  地: レベル2M ラウンジは、KK Super Martの隣のムービング・ウォークの右側にあります。
利用条件:最長3時間まで滞在可能です - 2歳未満のお子様は入室無料です - お子様は大人の同伴が必要です - アルコール飲料はビールのみ無料です - 服装規定は常にスマートカジュアルです。
 

Opposite Aerotel Kuala Lumpur, gateway

IMG_20180523_054734
こちらのラウンジは、①のラウンジと同じフロアの反対サイドにあります。

IMG_20180523_061341
こちらは、①と違い、シャワー室があります。シャワーを利用したい方は、こちらへどうぞ。

シャワーを使いたい方は、はじめに受付カウンターで、その旨伝えてください。すると、シャワーの場所を教えてくれます。

その方向にいくと、給仕室があり、そこにスタッフがいますので、さらにそこでシャワー室を利用したいことを伝えてください。すると、今度は、紙に名前と時間を書くように言われます。書き終えるとそばにあるシャワー室に案内し、鍵をあけてくれます。

シャワー室には、タオルやバスマットがすでに用意されていました。

最初、わからず、鍵が空いているシャワー室に入ると、タオルやバスマットなどがありません。
自分のタオルを使わないといけないのかと思いましたが、そのことを従業員に聞くと、シャワー利用者のものは別だと言われました。

私が最初に入った、手前のシャワー室(2室)は、トイレを利用する人用に開放されていたものでした。ご注意ください。

IMG_20180523_060548
トイレもついており、中はとても清潔でした。
シャンプー兼ボディソープも中にあります。

シャワーの水量も十分です。

IMG_20180523_062029
引き出しには、ドライヤやティッシュペーパーなども備え付けてあります。
歯ブラシやシャワーキャップまでありました。

IMG_20180523_064204
食事は、温かいものもありましたが、やはり①のラウンジのほうが充実しています。

チェックインの際、受付のスタッフから①のラウンジのほうが新しくて充実しているからそちらの方に行ったほうがよいと勧められました。

こちらのラウンジは宿泊もできるということもあって、受付スタッフは少し年配の人2名(正規社員らしい人?)が対応しており、搭乗券の半券のチェックもありました。

おいしそうでしたが、食事は①のラウンジで済ませたので、食べませんでした。

IMG_20180523_064423
ラウンジの席はこんな感じです。ダイニングにある椅子みたいでした。コンセントは各席にはなく、へ部屋の隅に数箇所ある程度でしたので、充電される方はご注意ください。

IMG_20180523_064531
なぜか、日本仕様のコカ・コーラがありました。シャワーを浴びたあと、いただきました。

IMG_20180523_054425
向かえに、セルコムという通信会社のブースがありました。SIMを購入できるマレーシアの通信会社は何社かあり、それぞれ料金体系が違います。私のような短期滞在者にはこちらがオススメです。今回、こちらでSIMを購入しました。

Opposite Aerotel Kuala Lumpur, gateway@klia2
営業時間:毎日24時間
所在地:レベル2M、フードコートエリアの近く。
利用条件:最長3時間まで滞在可能です - 2歳未満のお子様は入室無料です - お子様は大人の同伴が必要です - 服装規定は常にスマートカジュアルです。
 

Wellness (klia2)

IMG_20180525_125246
こちらのラウンジは、制限エリア内にあります。

IMG_20180525_125744
パスタとサラダ、スープぐらいしかなく、食べ物は大したもはありません。
また、アルコールも缶ビールだけしかありません。

IMG_20180525_132621
デザートのブースも寂しいです。

IMG_20180525_132632
テーブルと椅子はこんな感じです。コンセントは、各席にはなく、窓際にいくつかあるだけです。

IMG_20180525_132625
搭乗口に一番近いこともあり、出発時間のモニターがありました。

Wellness (klia2)
営業時間:毎日午前7時~午前0時
所在地:エアサイド - 国際線でご出発のお客様にご利用いただけます。レベル3.にあります Skybridgeを過ぎると、「TheBar」の後ろにラウンジがあります。
利用条件:最長3時間まで滞在可能です - 2歳未満のお子様は入室無料です - お子様は大人の同伴が必要です。
 

まとめ

KLIA2のラウンジは、2箇所も非制限区域にあり、到着時でも利用できるのは大変ありがたいです。

私のように、関空からエア・アジアを利用する場合、早朝に到着するので、シャワーを浴びたり、朝食をとったりするのに、うってつけの場所です。

KLIA2は、とても大きな空港なので、出発時など、ラウンジエリアでの滞在時間には十分注意する必要があります。

今回、④International Departureについては、時間がなかったので、いけませんでしたが、次回は是非行ってみてまた、報告したいと思います。


ラウンジ利用には、プライオリティパスを!
 
以上ご紹介したラウンジは、プライオリティパスがあると「無料」で利用できます。

プライオリティパスは、全世界1,200以上の空港ラウンジを「無料」で利用できるので、海外旅行好きの必須アイテムです。

ただし、プライオリティパスを手に入れるためには、年会費が429ドル(約48,000円)もかかってしまいます。

でも、安心してください。

プライオリティパスを「無料」で手に入れる方法があります。

それは「楽天プレミアムカードに申し込むこと」です。

楽天プレミアムカードを所有すれば、特典として「無料」でプライオリティパスをゲットすることができます。

詳細はこちらをクリック
sponsor linked