IMG_20180525_084400

こんばんわ! 「50代 一人旅に目覚めた男」管理人のゆーさんです。

写真は、クアラルンプールの高速道路にある横断歩道です。

100km/h近いスピードでビュンビュン車が行き交う中、現地の人たちはここを横切っています。

ちなみにマレーシアの高速道路の法定速度は110Km/h



無題

道路の名前は、Jalan Damansaraといいます。

場所ですが、KL Sentral駅のすぐそばで、ヒルトンホテルの目の前です。
写真を撮った横断歩道は、ピンク色で丸印をいれたあたりです。

ちょうど合流地点なので、車は多少減速しますが、かなりのスピードで走っています。
もちろん信号機などはありません。

現地の人たちは、車の切れ目をみて、ダッシュでそこを渡っていきます

私もその横断歩道を渡りましたが、ほんとに怖かったです。

どうしてここに行ったかというと、レークガーデンを散策したあと、そこから、KLセントラル駅のそばにヒルトンホテルが見えたので、それほど距離はないなあと思い、歩いて駅まで向かうことにしたことがもともとの始まりでした。

IMG_20180525_084601
その横断歩道を渡り、少し歩いて階段を登ると、次に待ち受けるのは、幅が狭い歩道です。(前述の地図では緑色の印のあるところ)この横を、車が猛スピードで走っていきます。

最初、さすがにここをあるいていくのは危険だと思い、引き返そうとしたのですが、後ろからやってきた女性が平然とあるきだしたのです。

それでは、自分もと、勇気をだして、彼女に付いていくことにしました.

ほんとうに怖い思いをしましたが、なんとか無事この道をとって、KLセントラル駅につくことができました。

のちに、このことを、現地に住むマレーシア人の5人ほどに聞くと、いずれの人からも「
この道路は、Highwayではなく、Main Roadだ。マレーシアでも、Highwayには横断歩道や歩道はない。」という返事でした。

確かに、彼らが言うように、料金を払って走るHighwayではないかもしれませんが、日本人の私からみて、100キロ以上のスピード車が走り、また、側壁があり、高架している道路は、HIghwayと同様であり、そうしたところに横断歩道がや歩道がある事自体信じられません。

この件で、日本とマレーシアでは、危険に関する許容度がかなり違うことを痛感しました。

ちなみに、運転手のマナー、交通ルールの遵守意識などについても日本とは相当違えます。

そのことは次回に書きたいと思います。


sponsor linked