こんばんわ~ 「50代 一人旅に目覚めた男」の管理人ゆーさんです。

オーストラリア一番のシドニーはパリよりもカフェの数が多いと言われているそうですが、そのシドニーにも負けないカフェの数を誇るのが、第2の都市メルボルンです。

メルボルンに滞在した際、肌身でコーヒー文化を実感したので、その関係についてまとめたいと思います。

ペレグリーニ・エスプレッソ・バー
メルボルンでコーヒーが飲まれ始めるようになったのは第二次世界大戦後の1950年頃からでした。オーストラリアはもともと移民の国ですが、オーストラリアに移り住んできたヨーロッパ人、とりわけ、イタリア系の移民がオーストラリアでもコーヒーを飲み始めたのがきっかけです。

メルボルンのカフェの元祖ペレグリーニ・エスプレッソ・バー(Pellegrini Espresso Bar)が1950年代にバークストリートに店舗を構えてから、イタリア系移民によってオープンしたエスプレッソを中心としたドリンクを提供するカフェは、他のオーストラリア人からも受け入れられて、街のいたるところに広がっていきました。

まずはエスプレッソ、ラテ、カプチーノといった基本的な飲み物が広がり、次第にフラットホワイトやロングブラックなど独自の飲み物が考案されて、多くのオーストラリア人によって飲まれるようになりました。

1990年代以降さらに高品質なコーヒーを求める流れにあり、コーヒーロースターが直接産地への買い付けに行ったり、自家焙煎のもと専門性の高いバリスタが1杯ずつ提供するなど、豆の品質を最大限に生かすことを追求したコーヒーブームをサードウェーブ(第3の波)と呼びますが、メルボルンの多くのカフェがサードウェーブのコーヒーを提供しています。

2  ショート・ロングブラックとフラットホワイト

P_20181229_170559
オーストラリアは全体的にカフェ文化が発達している国と言われていて、ほかの国にはない独自のカフェ文化が存在しています。たとえば、日本では聞き馴染みのない「ショートブラック」、「ロングブラック」「フラットホワイト」などはオーストラリア独自のコーヒーの呼称です

(1) ショートブラック(Short Black)
ショートブラックはいわゆるエスプレッソのことを指します。ショット数は1杯であったり2杯であったりしますが、どちらもショートブラックと言います。

日本ではあまりエスプレッソを飲む習慣はありませんが、イタリアやオーストラリアではエスプレッソに砂糖をたっぷり入れて飲むが習慣があります。

(2) ロングブラック(Long Blck)
ロングブラックはエスプレッソのお湯割りです。

エスプレッソのお湯割りと言うと、似たような飲み物にアメリカーノというものもあるのですが、アメリカーノは最初にエスプレッソを入れてからお湯を足しますが、ロングブラックは先にお湯を入れた後にエスプレッソを入れます

どちらも結局は同じではないかと思われるかもしれませんが、後からエスプレッソを入れることでエスプレッソのクレマが保持されてよりフレーバーが強くなることが科学的に証明されています。

コーヒーの面白い特徴の一つです。

(3) フラットホワイト(Flat White)
フラットホワイトはカフェラテのようなコーヒーです。エスプレッソにスチームした温かいミルクを流し込んだコーヒーになります。

カプチーノやラテは上にフォームミルクという泡っぽいミルクを入れるのですが、フラットホワイトはフォームミルクがない点が異なります。

また、ラテより小さなカップを使用するので、エスプレッソに対するミルクの比率が低くなり、よりコーヒーのしっかりした味が楽しめます

3 おすすめのカフェ

(1) 「Dukes Coffee Roasters」
P_20181229_165831
シティ・ライブラリー(図書館)のすぐ近くにあり、よく混んでいる人気店です。

コーヒーは、酸味と苦味のバランスが程よく、ミルクもマイルドです。

マネージャーは、元看護士の日本人の女性です。店の全員がバリスタです。

閉店前に行ったら、サービスでドーナツをいただきました。

Dukes(デュークス)
所  在  地:247 Flinders Ln, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
T    E    L :(03) 9417 5578
営業時間:月~金(7:00-16:30)、土(9:00-17:00)
 
(2) 「Brother Baba Budan」
P_20181230_101017_BOK
メルボルン中心部CBD内のH&Mの近くににお店があります。いつも外にまで人だかりができている、超人気店です。

ここで評判が高いのは、ミルクフォームのまろやかさです。

フラットホワイトを是非頼みましょう。一流のバリスタが提供するコーヒーは最高です。

天井からぶら下げられている大量のイスが特徴です。

こちらでは「Seven Seeds」で焙煎されたコーヒー豆を使っています。

Brother Baba Budan(ブラザーババブダン)
所  在  地:359 Little Bourke St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
T    E    L :(03) 9606 0449
営業時間:月土(7:00-17:00)、火(6:00-16:00)、水(6:00-15:00)、木(10:00-22:00)、金(11:00-16:00)、日(9:00-15:00)

(3) 「Seven Seeds 」
P_20190101_111946_vHDR_Auto
メルボルンで一番有名なカフェと言っても過言ではない超有名人気店です。

直接産地から買い付け、豆の季節性や品質にこだわり、最高の出来で提供できるよう自家焙煎に力を入れています。また、コーヒーを頼むとその産地やフレーバーの特徴、そして美味しい飲み方(淹れ方)等が書かれた説明書を渡してくれるほどのこだわりようです。

まさにメルボルンにおけるサードウェーブの代表格です。

ちなみに店名のSeven Seedsの由来は、17世紀頃にコーヒー豆をアラブ世界からインドに密輸しようとしたBaba Budan兄弟が、コーヒー豆を7粒(Seven Seeds)腰巻きに隠し、厳密な規制を突破したという逸話からきているそうです。

前に紹介する人気カフェ「Brother Baba Budan」もSeven Seedsの姉妹店になります。

Seven Seeds(セブンシーズ)
所  在  地:106-114 Berkeley St, Carlton VIC 3053
T    E    L :(03) 9347 8664
営業時間:月水木金土(7:00-17:00)、火(8:30-15:00)、日(8:00-17:00)
 


sponsor linked