maxresdefault
ヴァージン・アトランティック航空(英国)の女性キャビン・アテンダント(CA)は、今後、勤務中に化粧をしていなくても良く赤色のスカートの代わりにズボンの着用も認められることになりました。

同社は「従業員にヒアリングを行い、このような決定をした。」と言っています。

「スタッフは自分らしさを表現する選択肢が増えた。」とヴァージン・アトランティック社の副社長マーク・アンダーソン氏は述べました。

ここ数年の間に、他の多くの米国の航空会社も服装規定を変更しています。 アメリカン航空、ユナイテッド航空、ジェットブルー航空、デルタ航空のCAも、もはや化粧をしなくて良いことになっています。

専門家によると、ほとんどの米国の航空会社は男性と女性をより平等に扱うようになってきたと言うことです。

しかしながら、米国客室乗務員協会によれば、客室乗務員の3分の2は勤務中にハラスメント行為を受けた経験があるとしています。

エアアジア航空やベトジェット・エアは勤務中あるいは広告の中で、若い女性CAに体にぴったりとした露出度の高い服装をさせているとして非難されたことがあります。

今後、こうした男性と女性を平等に扱う動きが世界中の航空会社に広がるか注目したいと思います。





sponsor linked